【公式アップデートムービー】



1.新規リーグの扱い

CSL(中国スーパーリーグ)とTOYOTAタイリーグが追加されました。
  • PEAリーグはCSLに置き換わる形で消滅。(PEA所属チームは「その他アジア」に移動。相変わらず中国語のバナーですが、、、。)
  • CSLのチームはACLと二重になっているので、マスターリーグ等での選択時は要注意。(プレイ時は1チームになりますが、CSLとACLで登録選手が変わるチームがあります)
  • タイリーグはマスターリーグやビカム・ア・レジェンド、リーグ・カップなどで選択不可。
IMG_20181025_144026
IMG_20181025_144030
IMG_20181025_144033


2.スタジアムについて

今回は、モナコの「ルイ2世スタジアム」と架空のeSports用「eFootball arena」の2つが追加されました。「eFootball arena」はエディットでホームスタジアムに選択できなかったり、通常の試合で使用できないなどの制限があるようです。
既存の「ノイゾネアレナ」を元にグリーンを基調とし、広告部分にはピケが経営するウイイレのプロリーグ「eFootball.pro」が掲出されています。

DqV7lURVYAIvOXG


IMG_20181023_200351



3.その他
  • myclubにおいて、ブラックレアリティーを放出する際に、確認画面が出る。
  • オフラインの対戦で能力均一化システムの使用が可能に
  • PSGのCLユニ(ジョーダンコラボ)が登場
  • CSKAモスクワ、ルビンカザン、ロコモティフモスクワなどのユニ修正
  • パートナークラブから移籍したボヌッチ、ディーニュ、アリイクシビダル、ウィルシャーのタトゥー削除
■ゲームプレー調整
・COMチームの攻撃思考について、中央からウイングへのロングパスを行う頻度を下げました。
・COMチームの攻撃思考について、サイドから低いクロスボールを多用する点を調整しました。
・COMのドリブル思考について、相手選手のポジションによる判断を調整し、積極的にゴールに向かうようにしました。
・COMのシュート思考について、状況に応じて積極的にシュートを打つように調整しました。
・1vs1の状況になったときのゴールキーパーのポジショニングについて、ゴールラインから離れて相手選手に向かうポジショニングをするように調整しました。
・ゴールキック等でのハイボールの競り合いについて、ディフェンス側の選手が相手の背後に密着してポジションを調整できない場合がある問題について修正しました。
・ヘディングシュートについて、フリーな状態での精度が上がる調整を行いました。
・ループシュートの精度について、調整を行いました。

■修正
・myClub/選手獲得結果画面でロックが外れる
・myClub/SIM戦においてスローインが正しく行われない場合がある
・ビカム・ア・レジェンド/過去の試合で既にゴールを決めた選手に対する実況が正しくない
・オンライン/オンラインDivisionsで特定の条件を満たすとで11試合目が表示される場合がある
・オンライン/オンライン対戦で特定の条件を満たすと接続失敗となりマッチングが終了する場合がある
・全般/一部のクラブチームユニフォームのスポンサーロゴ
・全般/一部の選手名の実況音声
(公式サイトより)

4.注意・お知らせ


  • 代表の神データを導入されている方は、アップデートの適用時、クラブにのみチェックをつけてください。(代表にはチェックしないでください)
  • 【注意】アップデートによってACL出場チームのスカッドが元に戻ります。(但し他チームに所属している選手は戻らない。例:名古屋の中谷進之介)Jリーグデータを入れている方は、鹿島、柏、川崎、C大阪のデータをインポートし直すことでこれを修復することができます。
  • Jリーグやブンデス、MLS、MXなど非収録リーグを導入されている方は、チーム編成が初期化されているのでエディットの出場チーム編成をいじって対応してください
  • CSL海外版データを入れられた方などで問題が発生している方は、一度リセットして、適宜データを再導入してください。
  • 代表にチェックをつけてしまった方は、代表の神データを再適用すれば対処できます